耳抜き種類

耳が抜けない、大勢のダイバーさんにとって1番の難関だと思います。息が長く続かないことは呼吸法の練習によって、効率的に息を長く止めることができます。これからフリーダイビングを始めたいあなた!!次の順番にそって学ぶことをおすすめします。→呼吸法ー耳抜きーフィンキックー入水法。そして、これから何種類かの耳抜きの仕方を紹介したいと思います。その中で一番効率的なフレンツェル法も教えていきたいと思います。

バルサルバ法(水深20Mまでオススメ)

鼻をつまんで声帯を開いた状態で肺の空気を鼻から息を吐き出そうとする動作を行う方法で、その肺の圧力で耳管を開放させる方法。

ダイバーがよく使用する代表的な耳抜きのひとつです。

唯一、訓練をすれば確実に誰もが使用可能な耳抜き方法です。

簡単に言うと、鼻を摘んだまま、鼻をかむですね。

ここからこんな質問が出てくると思います。

『私は浅いところで耳抜きできたのに、なんで深くなるとできなくなるんですか?』

まず、仮に20M以内の場合

バルサルバ法で使っている筋肉は横隔膜です。バルサルバができない方は、呼吸法がわからないor横隔膜の力が足りないという事が原因と考えられます。

解決方法

風船を膨らましてみましょう。風船を吹きながら手をお腹にあて、お腹の動きを確認しましょう。動いていればokです。そして、同じ方法で鼻から息を出してみましょう。息をゆっくり吸って、溜めて、鼻から出す。息をゆっくり吸って、溜めて、鼻を摘んだまま、鼻から息を出す。もちろん息はでないので、耳抜き成功!

嚥下法

嚥下(飲み込みの動作)によって、口蓋筋の一つである口蓋帆帳筋を収縮させ、耳管を開放する方法。

ダイバーの耳抜きで、バルサルバ法の次に汎用されています。

生まれつき、これで抜ける人と抜けない人がいます。

訓練によってできるようになる場合がありますが、その成果は不確実です。

ダイビングは湿度がほぼ0%の乾燥した空気をタンクから呼吸しているので、慣れないと口が渇くために、頻繁な嚥下動作ができない者もいます。

​フリーダイビングに向いてません。水深6mに越えるとほぼ抜けません。

トゥインビー法

鼻をつまんで嚥下動作を行う方法で、嚥下法に限りなく近い耳抜き方法です。

嚥下動作によって、口蓋帆帳筋を収縮させて耳管を開放させるのと同時に、軟口蓋が挙上する動きで鼻孔から少量流出する空気を、鼻をつまむことによって耳管へ送り出す方法です。

口蓋筋群を動かす

あくびをかみ殺す動作、顎を動かす、歯を食いしばるなど。

嚥下を行わないで口蓋帆帳筋を収縮させて耳管を開放する方法であり、頻繁に嚥下動作を行わないためにやりやすいが、一部の者にしかできない方法で、訓練が不可。

オートマチック

何の動作もせずに深度を下げても、自然に中耳腔への圧平衡ができる状態。持って生まれた体質といえる。

やはり訓練は不可。

​FRENZEL

​フレンツェル法

0980-73-6507
sunsea.miyakoisland

沖縄県 宮古島市 東仲宗根805-9

           SUNSEA合同会社

​               0980-73-6507